スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国ビザを取る

 11, 2012 22:21
国内でビザを発給してもらうには、自ら領事館か大使館に出向かなくてはなりません。
割増料金払えば即日or翌日発効してもらえたりします。
どんな国もそろってる東京は本当にズルイ!!こんな時、福岡はまだまだ隅っこやな、とさみしくなる。

が、今回ゲットすべきは中国ビザ。15日以内の滞在だと不要なんですが、我々長くなるでしょ!
ご近所さんなだけあって中国領事館は福岡はドーム近くの百道にございまする。
ふふん、ラッキー。
最大の難所のロシアビザはもちろん福岡に領事館ないから代行業者さんにお願いするんやけど、鹿児島とか四国とか東北とかの地方に住んでる人たちは全部代行なんだよなーー。かわいそうなり・・・

最近の政治情勢で建物の周りは警官だらけ。
ちょっと裏手にある門がビザの受付に通じるようです。かなりエラソーなおっちゃん警官に身分証を見して入場です。

初の領事館、予想以上に中国人が多い、しかも子連れ率6割強。なんだろ?それだけここに家族を持って住んでる人が多いってことかい??
まぁまずは4枚にわたる申請用紙に記入です。日本語で書いてあるので全然楽勝♪
ふむ、結構詳しいこと聞いてくるのね。家族構成とか、職業とか、泊まる処とか。
ホテルの予約とかもちろんしてないけんなー、ま、ここは無記入でいこ。
番号札持って待つこと30分、超愛想の良いお姉さんが応対してくれました。あぁジャパニーズクオリティで良かった!!
が、やはり無記入はダメとのこと。
いったん離れ、iphoneで検索。ここでguest houseを検索する私にダイが雷を落とす!
「なんで?ゲストハウスより大きいホテル名書いた方が信頼されるに決まってるだろ!」
・・・はい、確かに。。。この手の質問には~~G.H.としか書いたこと無かったからそのノリであった。。。
ああ~まだまだケースバイケースができん!!くぅぅ。
ヒルトン、とまではもちろん書けず、テキトーなホテル名書いて提出し、申請手続きは終了。

その4営業日後が受取日。
同じ門から同じやりとりで入ります。ビザ代を食券機械みたいなので切符で買って、待ち時間なしで窓口へ。中国ビザそしてゲット!

今回取得したのは30日間のシングル。¥3000!!







スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。