スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクから陸路でミャンマー・ヤンゴンまで行く方法

 15, 2014 18:45
まだまだ情報の少ないミャンマーまでの国境越え。
誰かの参考になれば幸いです!
141114_105628_convert_20160130210129.jpg
ミャンマービザ取得
バンコクのミャンマー大使館で。
カオサン近くからチャオプラヤ川のボートに乗って、Sathon駅で降り(15B)Khlong Sathon通りを東にまっすぐ15分ほど歩くと左手に小学校があるので、その次の角を左に曲がると右手が大使館。
午前9時〜12時申請。かなり人が多いので早めに行くことをオススメします。
10時頃行ったらざっと50人はいました。申請書提出後、番号札もらって待ち、ビザ代の支払い。1時間半ほどで終了。

当日受取 1260B
翌日受取 1035B
翌々日受取 810B

受取時間は15:30〜16:30。
15時に行くと入り口前の日なたでじっと並んで耐える組と日陰でテキトーに座って待つ組に分かれており、根性の日なた組に参戦。が、ドアが開くとぐっちゃぐっちゃの我先に状態。横からするりと入れて10人目くらいに無事ビザゲット!
2週間くらいしか滞在しないと記入したのですが、28日分貰えました。


バンコクの北バスターミナルからメーソート
21:40発 325B 所要約8時間半ほど
エアコン付き・軽食&トイレなしの安いバスで。出発の1時間半ほど前でも無事に購入。
他にも22時発のバスあり。
このバスターミナルとても規模が大きく、バスが発着する中心の周りは商店だらけで歩くのが大変でした。フードコートがあるので、出発まで腹ごなしできるのが良し。



メーソートバスターミナルから国境
ソンテウ 50B 所要約10分ほど
早朝7時頃。バス降りると、「ミャワディ!ミャワディ!」とソンテウの声。値段も分からないしでもっと安い方法ありそうで様子見してたらみんな行っちゃって、次の大型バスが到着するまで発車はなかった。他にはバイタクがあったけど、もっと高いと思われます。
タイ人も50B払ってました。



メーソート〜ミャワディの国境越え
着くとタイ人とミャンマー人の長蛇の列。きょろきょろしてると、イミグレの係員が外国人専用カウンターまで案内してくれました。門の左側が出国手続きカウンターなんですが、その④番窓口。かなり感じのいい係員さんでほっこり。手続き終了後、橋を渡って川を越えてミャンマー側へ。タナカの塗り率かなり高い!!今度は向かって右側が入国カウンター。こっちは外国人専用部屋で手続き。元気で英語上手くて愛想のいい兄さんが丁寧に教えてくれるな〜〜と思ったら、彼は近所のバス会社の人でした。ヤンゴンまで調べてたのと同じ値段の13,000kだったのでOK。
後から周りのバス会社に聞いたところ12,000kもあり。
ヤンゴンまでは途中道幅が狭く、隔日で一方通行との情報でしたが、今もまだ継続中。運良くヤンゴン行きの日で本当に良かった!!!ちなみにこの日は11/14。
ATMはこの国境を背にして左側の1番高いビルの下にあります。手数料5,000kはキャッシングでも取られる仕組みで痛い。


ミャワディ国境からヤンゴンまで
9:40発 13,000k 所要約16時間 ご飯休憩2回

たかだか350キロの道のり。なのに到着時間を聞くと「Mid night, 1 o'clock」。
ええ!?!?5時間4時間だとばかり思ってたわ・・・
走りだして納得、この山道全然整備されてないガタガタ道。全然スピードが出せない。
ついこの間までドンパチやってたとこだからな〜とダイ。バスの他にも国境からの荷物を満載にした車がいっぱいで、その車が割り込んでくるもんだからさらに進まない。
渋滞で完全にバスがストップすることも。その先にはカーブを曲がりきれず横転したトラックが。積載の段ボールがまだそのままな所を見ると事故後数時間しか経ってなかったかも。そして15時頃ようやく初めての休憩。

初めてのミャンマーカレー!!!
豚カレーめっちゃ美味しい・・・イスラム圏帰りには染みる!!!


シンハビール350ml缶はタイの40Bより安い700k(70円)
ミャンマーは酒税が安いみたいで、ヤンゴンのスーパーでは600kで買えます。
ちなみにmyanmarビールの生も600k。そして美味しい。
我々の様なビール好きにはたまらない国。


その後も街や村に着くごとに何度も検問が行われ時々パスポートチェックもあり。
途中エンジントラブルで停まっては直し、停まっては直しの場面もあり、結局ヤンゴンのバスターミナルに到着したのは3:30頃。
今から宿行って1泊分払うよりはここで時間つぶそうと満場一致で、外人皆でローカル食堂へ。しらじらしてきた頃、日本の営業車のタクシーに6人乗り込み、1人2,000k。
沖縄ゲストハウスか?ってドライバーみんなが聞いてました。そんなに有名なのかな?
マハバンドーラG.Hは安いなりって感じで、ガーデンG.Hはファンのみの独房部屋っぽいのしかなかったので、結局沖縄ゲストハウス2のドミ部屋に。
エアコン付きで夜は快適。水シャワーしかありませんが、11月中旬でもこのむし暑さなら不満なし。WIFIは遅いし、繋がりが悪いです。ちっさな子供たちが大人ばりに働いててます。「You can see a room」なんて10歳にもならない子から言われてビックリ。そういう対応もこなします。ちゃんとお給料貰ってるのかなぁ?日替わりの朝食も付いてて10$!
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。