FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のゲルに泊まりたい!!〜第3話〜

 11, 2012 14:37
モンゴルっ子の朝は早い。
まだ陽が昇りきってない7:30。
露出は目の周りのみの完璧な防寒のクスレンは学校へ行く準備。チャトラ曰く学校は午前8時~正午までとのこと。おばあちゃんの付き添いで登校するみたい。
最後までちゃんと目を合わせてバイバイしてくれる彼女。もっと一緒に遊びたかったなぁー。
きっと素敵な女性になるはずだよ!!

帰ってくるなり早速ご飯を作りに取り掛かるおばあちゃん。
とそこに親戚らしきおじさんがウォッカ片手にやってきて、ご飯茶碗についでグビッ!!
いいねぇー、豪快!
羨ましい、と呟くダイ。確かにこんな寒いと朝から煽りたくもなるよ!!お誘い頂いたので、我々も一気に喉に流し込みます。
ん!ロシアで飲んだのより断然飲みやすい!46%かー、いい感じに熱くなってくるね~、Good!
ゲストである我々はカレー皿サイズに大盛り盛りに、コンビ2人はお皿に普通盛りに、おじさんはお茶碗に小盛りに、出来たて羊肉チャーハン。ゲル生活は必要最低限のものしかないから、食器も揃ってないわけです。おもてなしの気持ちはありがたい!けど、もうお腹いっぱいだよ~ってコンビ2人に食べてもらう。受け取ってもらえて良かった。。。
おばちゃんに別れを告げて、2人とゲル地区の迷路を抜け、チャトラんちの車庫へ。鍵が無いのか、かかってる南京錠をどうにかこうにかこじ開ける(笑)
ランドクルーザーに乗り込んで、運転手チャトラ、助手ムンフゥでのドライブの始まり!

まず、この町一番の観光スポット、エルデニ・ゾーというお寺へ。
ここはモンゴル最古のチベット仏教寺院群。
オフシーズンなのか、2人と一緒だからなのか、入場料なし!!
地元の人々もお参りにきてて、ここが今も拠り所となっている様子。
1mくらいの巨大なマニ車を4人がかりで4周廻したり、見よう見まねで五体投地でお祈りしたり。
びっくりしたのが、ここにもゲルがあったこと!中には奥に仏像や仏画を、その左右にお坊さんの席が4つほど。
お祈り後、4人の名前を教えてお布施をお渡しすると、椅子に座ってお坊さんから直々にお経をあげていただけることに。ちゃんと途中名前詠み上げてもらえていただけたことに、感激!最後に甘茶をいただいて、首の後ろにひたひたとつける。仏陀の恩恵がまだ旅の始まりの今、ありがたかった。
自分たちだけだったら表面しか見れないもんなぁ・・・

坊主


お次は、市場でゲルの家族へのお土産調達。
一体何人いるのかわからんけど、とりあえずアルヒ(ウォトカ)とチョコパイはマストやろ!!
これもこれも、とみかんを差し出すムンフゥ。日本で言ったら多分マスクメロンばりの存在と思う。高すぎて我々でも手が出ない。O.K、モンゴルには本当にビタミンが足りないもんね!!
その他色々食料を買い込んで、さー行くかっていう状況なはずが、ビリヤードしよってアピールの2人。
ええ〜お金出さないよ??半ば強制的にビリヤード場に連れてかれる・・・かなりマイペースだ。
が、がらーんとしててお店って感じじゃない。かなり自由でゲートボールのノリ??
いつもやっているであろう2人はさすがの腕前。チャトラはコンポのスイッチ付けてノリノリで歌ってる。
ひょっとして、けっこうな悪ガキなんかな??
タバコもすぱすぱ吸うし、その辺の人達とよく挨拶してるし。。。
急に入ってきたおじさんとよく分からない言い合いになって、20分くらいで退散。

ご飯食べて、GO!
てとこでスタック車と遭遇。車に詳しいチャトラを中心にあれやこれやして、見事救出。
さすが。時々、普段ちゃらちゃらしつつも何でもこなせる器用な男子がいるけど、彼がまさにそう。人望厚そうだしなー。
お礼に貰ったMP3で車内が一気にゴキゲンになった2分後、今度はこっちがまた別の車と接触。なんで先に行かないんだよ!ってしばしの口論。
車のへこみに相当へこむチャトラ。G.Sに行くも相手にされず、なんとか内側からつついて戻して、再出発。
いや〜慌ただしすぎる(笑)

車は1本道をまっすぐまっすぐ走ります。待ちきれず、2.5lのペットボトルビールを廻し飲みしつつ。うーん、贅沢!
20分くらいいったところで、トラックと8人ほどの人だかりが。
あ、デール(民族衣装)着てる!馬もいる!遊牧民だ!!
車内からでいいから写真とりたいなーって思うより先に車停めて、彼らに挨拶する2人。
ええっ知り合いなの!?よく分からん。。。まさか、まさに今交渉中????

遊牧民

遊牧民2

しかし、かっこいい・・・
本当に味のある風格をしてるなぁ・・・

よし、行こうってまた車に乗り込む。っと、1人のおじさんも同乗。
トラックもバイクもみんな同じ方向へ!え!まさかこの人達のゲル行けるの!?
よくわからんけど、GOGOGO〜〜。

道を外れて、タイヤ跡しかついてないだだっ広い雪原をいくこと20分、ゲルに到着。
みんなでガヤガヤと室内へ!!
おーー、来ちゃった!本物の遊牧民ゲル!!

ここで2泊3日させてもらう話はまた次回!!
スポンサーサイト

COMMENT - 2

リスの助  2012, 12. 18 [Tue] 10:49

 いやぁ、ホント自分自身が今、真冬のモンゴルに立っているような錯覚になるな。

 来月の初場所でお二人に成り代わり、しっかりと横綱白鵬関を応援致します。

Edit | Reply | 

こさもむ  2013, 01. 20 [Sun] 12:00

白鵬のポスターちょくちょく見かけました!あとTVでモンゴル相撲よく見ましたね。
このコンビも雪上相撲よくやってたし、伝統はもちろん、圧倒的に物が少ないこの国では主流なスポーツなんでしょうね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。