FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のゲルに泊まりたい!!〜第4話〜

 12, 2012 11:39
ツーリスト用のではなく、運良く本当のゲルに来れた我々。その日々はどんなものかを、お伝えしたいと思いまーす!
ここはマーナッフィお父さんと、お母さん、寝たきりのおばあちゃん、娘のアスカちゃんの4人と老ペースな猫の住むゲル。
初日夜は草を運んでくれた他の遊牧民の皆さん6人程と我々4人の団体訪問!お決まりのスーテーツァイ(いわゆるバター茶)とエーツィ(チーズのような酸味の強い固形物。時間が経って堅くなったものはお茶に浸して食べる。クセもの好きな私にはハマる味)を頂いて身体を温めた後、みんなはしばしお仕事。
ゲルのすぐ横の小屋に、放してた山羊を入れるのはアスカちゃんの仕事。小屋といっても屋根つき半分、柵のみが半分。男衆は力系で屋根上から草を落としたり。
山羊達のかなりのギュウギュウさにびっくりです。山羊の目は、困ったようでいて、何か奥を見ているような不思議さが。立派な角もまた気高い。

帰って、お母さんが茹でてくれたご馳走の馬肉をみんなで囲みます。
目上の人からの回し飲みのウォッカが、はい、ってちゃんと自分のとこにくるのが嬉しい!
しかも冬場はお正月くらいにしか出さない馬乳酒も、綺麗に甕に入れられて振舞われました。これがめちゃめちゃ美味しい~~!!薄いカルピスにちょこっとアルコール足したって感じです。もっとクセが強いかと思ってたので、そのすぅーっと感は驚き!!
大皿山盛りの馬肉も、チャトラとムンフゥが慣れたナイフ使いで切り取ってくれる。さすが現地、美味しすぎる!熱々脂身がまた・・・。
みんなもしゃもしゃごくごく。
食べることは生きることだとシンプルに思う。

のみ


渡されたお酒飲み干して、最高だよ~って笑って親指立てながら茶碗手渡すと、だろぉ~ってニコニコ顔でほっぺにキスするおじさん。ははっ!もっと素朴かと思いきや積極的~!と驚きつつ、キスのお返し。
なんだか夢みたいだなぁ、会ってみたいと子供の頃から思ってた人達とこんな近くで飲みあってるなんて。
離れた所でご自由に、のトイレへライト持って外へ。周りはしんとした真っ暗な夜。
夢見てきたことが目の前にありすぎてふわふわするけど、うん、これは本当。すっごい寒いし!!
やったーーーって拳を突き上げる。
誰のとも比べ様の無い絶対的なこの幸せを一生忘れたくないと思った。

ほし


酔っ払いすぎて一番先につぶれてしまって、その後の事はおぼろげ。
いつのまにかみんな帰って、我々4人は床に2つお布団並べて川の字に。ムンフゥとチャトラは一緒でもノープロブレムらしく、昨日なんて2人とも上は裸!仲良しすぎる(笑)ベッドは3つが限界なゲルにおいて、2人でシェアして寝ることは普通らしい。ここでは両親がシェアしてました。

今日も幸せな眠りの中へ~。
最終回はもむ手の出番がくる話!
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。