スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のゲルに泊まりたい!!〜第5話 完結編〜

 13, 2012 11:38
ゲルの朝は遅い。
日本の農家の仕事は日の出と同時に、もしくは早くがほとんどだと思うんですが、ここでは寒すぎるせいか朝はゆっっくりスタート。
ゲル
ゲル中央の天井には半円のビニール窓が。これと入口扉はどのゲルも東か南向き。日光を取り込みやすいようにでしょうね。
そこから見える空が白々としてきたな~と布団の中から思うのが8時くらい。
まずお母さんがストーブに火をつけてくれます。みんな暖かくなるのを待って布団にくるまりながらぐだぐだトーク。家族でこれをやるってすごくほほえましい。
その後お布団の片付け。あ、夜中お母さん達が何かかけてくれてたと思ったら、これ伝統衣装のデールやん!これも使ってくれてたなんて本当ありがたい、、、
日中はベッドがソファーや調理テーブルになるゲル生活。みんなきちっとベッドメイキングします。その美しさはホテルで働けるレベル!
そう、モンゴル人は身の回りを日本人以上に綺麗にする。寝る時以外土足だからすぐ汚れちゃう、けど狭いから常に動きやすいように整理整頓、清潔にってのがあると解釈してます。都市の人にもその名残があると思う。

まず始めにお母さんが作るのは一日分のスーテーツァイ。昨日絞ったばっかのお乳からのだから、都会のより断然美味。5Lくらいを作ってポットへ入れときます。これかなりの保温力で、夜飲んでも熱々。
その後朝食タイム。だいたい昨夜の残りご飯と一口パン(日本のスティックパンのキューブ版)。冷えた馬肉も熱々スーテーツァイと食べて胃の中でほかほかに。ムダを出さない暮らしに拍手です。過ぎたるは及ばざるより悪し、とすら思う。

料理するお母さん


とある日のご飯

その後、小屋の家畜たちを解放~。だいたい300mくらい先の雪原まで自然とのそのそと歩いてく山羊、羊。ちびっこ達は待機で、牛はそのあたりに。

むれ


羊


牛


我々も何かします!ってことでさせてもらったことは、、、

仕事
牛のうんにょ拾い。

実はこれがストーブの薪!カッチンコチンに冷凍されてるからゲル内は特に臭ひはせず。
点々とあるそれを、熊手ホウキで集めてシャベルで袋に入れて、置場まで運んで、を何度も繰り返します。だんだん栗拾いしてる気分に(笑)ってくらい形がそっくりくり。
ラストにアスカちゃんのチェック受けて終了。いや~寒さの中、一仕事した後のスーテーツァイはまだ格別やね!

午後は念願の馬に。
ホントは走ってみたかったんですが、ここには一頭しかいないから、周り100mほどをチャトラが引き連れてのお散歩しか出来ず。が、その高さから見る景色と乗り心地は最高の一言に尽きる!

もう田舎つまんな~いってなってるガイド2人はお母さんとハラホリンの町へお買い物へ。2人だけじゃ絶対に買わないバターケーキも買ってきてくれました。初のモンゴリアンケーキ。うん、予想よりも食べれる!!
夜ご飯終わると、今度は踊りに行ってくるってまた街へ行く2人。片道1時間の距離をこれから??よっく遊ぶ若者だな~~。

こんな長い夕焼けは初めて
ゆうやけ


迷子がいないか望遠鏡で確認中のお父さん
確認中

今夜はビールだけで、もちろんグラス1個。昨日よりは落ち着いて飲めるけど、やっぱこのシステムはペース速いよ!
なんと我々の心配をよそにベッドのおばあちゃんもぐいぐい飲む。素晴らしい。。。
ん?アスカちゃんがお母さんの肩をもみもみしてあげてるじゃーないですか。ここは私もやります!っと手をもみもみ。あ~~ってリラックスな表情で「ちょっと肩のほうもやって」って嬉しい仕草。よっし、本気でもませていただきます!!
さすが毎日毎日頑張ってるだけあって手加減無用のガチガチの肩周り。続いて背中~腰~頭~っと。時々満面の笑みで親指立てて振り返ってくれるのがありがたい。さらにお父さんとおばあちゃんにもやってあげてって。もう喜んでやりますよ!!
これからも元気にこの暮らしが続くように、出来る限りを尽くす!2人とも喜んでくれた様子。たくさんの意味で受け入れてくれたことに、心は感激でホロホロ。
ああ、もっと上手にやれたらなー。早くマッサージ学校行きたいなぁ。。。これを究めたいとまた決心しました。

お世話になりました!
ご両親


働き者のアスカちゃん
あすかちゃんと

やはり、翌日お昼すぎに迎えに来るやんちゃコンビ。お手製のホーショール(揚げ餃子)食べてゲルのみんなとお別れの握手。また会いましょうって日本語でも伝わってくれてたらいいなぁ。お父さんとは外出中で会えずに残念だなーっと、車に乗り込み街のほうへ。
すると途中で馬に乗ったお父さんが前からやってくるじゃーないですか!!カッコよすぎるこの偶然のニクい演出(笑)
馬に乗るお父さん
ありがとうお父さ〜〜ん!!


延々1時間近く走って、街に到着。
が、帰りのバスまで全然時間がないのに、写真屋さんで我々のカードから現像するコンビ。最後の最後までマイペースだ。気持ちは分かるけど~~っ!って挨拶もそこそこにカード返してもらってお別れ。 ありがとーー!

はぁ、なんかばたばただったな〜〜。
ゲルへの道、覚えてメモっといたからまた夏に来よう!!

スポンサーサイト

COMMENT - 2

さちこ  2013, 02. 23 [Sat] 23:32

すっごい経験してたんだねー!!!
冬のゲルに泊まりたいって、夢が叶うってほんとすごい。

まちこのやりたいパワーって、
ほんとにやりたいことって叶えられるんだなーと力強くてうらやましいよ!

写真もきれいで、ほんとうにすごかった〜!

Edit | Reply | 

こさもむ  2013, 02. 25 [Mon] 01:26

ずっと行きたかったからね、この幸運がくれた日々は一生大事にしないと。

今見ても空の青さが素晴らしい~。今度はきちんとスキル持って行きたいね!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。