FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長春で招待所に泊まってみるとす

 26, 2012 17:57
中国ディープ宿NO1でした。
長春の駅前、東西にのびる黄河路杭州路は招待所が並んでおります。

121226_193932.jpg

いかにも連れ込み宿街って感じ。こんなの待ってました。
招待所は基本的に外国人を宿泊させてはいけないらしい。
最初の1件目は律儀に我々を警察まで同行させてお願いするも、賄賂を要求されるでもなく、ダメとのことで再度探し歩く。あまり入り込んだ路地のところはやめておこう。
手招きされた2件目では、決まりを知らないのか守ってないのか、日本人よって言ってもOKOKっと。
でも安心するのはまだ早い。オーナーと一緒に個人情報をPCに入力。
中国人はみんな身分証カードを持っていて、こういった場面や列車の切符を買う時にも提示が必要。
う〜ん、出身は『北京人』ということでいっかってアバウトな対応!謝謝!
めでたくチェックイン。ほっ。
本当に、見知らぬ土地での宿探しは体力精神力勝負。


2人でダブル50元。
750円は安い。
普通、ドミで1人分の料金。

121226_194126.jpg



お部屋は地下なんですね。せ、狭い・・・
121226_193549.jpg


121226_221645.jpg


扉を開けてみるとすぐベッド。かろうじて靴を置くスペースがアパートの玄関サイズであるくらい。
昭和を彷彿とさせる柄のぺらっぺらの薄汚れたシーツ。窓なしの蛍光灯に照らされた部屋。
これ、独房気分を味わいたい人にはぴったりやね〜〜。
10度未満の室温なので寝袋にくるまりました。重いけど持ってきてて良かった。。。
121226_223058.jpg

ゴミ箱すらスペースなし。
121226_223044.jpg

しかし何がいいってここのスタッフさんらの気さくさ!
時は安部さんが総理就任した日であり、TVのニュースは頻繁にそれを報じてました。
その影響かオーナーさん、筆談で「钓鱼岛是中国的」っと熱心にアピール。
「NO NO 魚釣島だぜ」っとダイ。
「まぁまぁまぁ、言ってもしゃーないことを」と顔見合わせる私と20歳くらいのスタッフの女の子。
攻撃的でもなく、ちょっと言わせろっという感じが面白い一場面でした。


長春に行ったらぜひ食べてほしいこの一品。
醤骨頭。28元。
ジューシーな豚肉感がたまらずビール(3元)を誘います。
杭州路西側のレストラン街でお店にめぐりあいました。
121226_201936.jpg

121226_203724.jpg

街としては寒さにあまり観光できず。ー20度と強風。
しかし、混沌とした雰囲気は楽しめました!
スポンサーサイト

COMMENT - 2

リスの助  2013, 02. 09 [Sat] 14:40

祝 中国入国

 祝 中国入国です。なにかと、ややこしい現在の両国間ですが、民間外交で楽しい旅でありますよう、祈念しています。に、しても確かに独房マニアには堪らん、お部屋です。

Edit | Reply | 

こさもむ  2013, 02. 16 [Sat] 19:52

Re: 祝 中国入国

コメントありがとうございます!
実は中国はいろんなサイトを規制していまして、ブログ更新ができなかったんです。無事、抜けました!
振り返ると、大都市よりもちょっと小さい街や田舎のほうが面白かったですね。
ここの部屋は大阪や横浜で泊まったドヤを思い出させてくれましたね〜〜。
さらに上をいく宿に出会えるか、楽しみです!!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。