FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコール遺跡を見て回るとす

 27, 2013 08:44
どうも!
自称、狛犬フェチのまちこです。あの雄々しい感じがなんとも言えませぬ。
あ、狛犬ではありませんが、日本橋の麒麟も相当好き。
彫刻像や仏画にも魅せられます。
もちろん、神社全体の空気感も大好きです。

遺跡の入場料は1日20$、3日40$、7日60$と選べるようになってて、今回は3日券をチョイス。
アンコールワット周りは街中でレンタルした自転車であっつい日差しを浴びつつ、マイペースに見て回り、
遠くはなれた所はトゥクトゥクで。
久しぶりの自転車はかなりお尻が痛くなったけど、気持ちよかったなぁ〜

それでは、まちこ目線の遺跡達をどーぞ!!


朝日を背中に受けるアンコールワット
DSC_0065.jpg


その一番高い塔を間近に見る
DSC_0090.jpg


一つとして同じもののない何体ものアプサラ(女神)がとても美しい。
DSC_0096.jpg


味のある手書き模様。びっみょ〜に違うのが良い。
DSC_0083.jpg


怒った魔王の図。こんな生き生きした壁画が楽しい!
DSC_0289.jpg


馬を正面から捉えるってなかなか見ない。
DSC_0300.jpg


行進の様子もまた一人一人違って面白い!
DSC_0292.jpg


当時の様子を想像するのも楽しい
DSC_0100.jpg


大好きなアンコールトム遺跡に入る門。前のは綱引きをしている様子の像たち。
DSC_0317.jpg


顔顔顔
DSC_0322.jpg


ガルーダさん
DSC_0104.jpg


この穏やかな笑顔が見たくて、また来たいって思う
DSC_0108.jpg


戦いには象で!
DSC_0118.jpg


いいお尻してるなぁ・・・
DSC_0119.jpg


獅子は正面に、象さんは遺跡の四方にいることが多い。
DSC_0217.jpg


戦いの様子を描いたリアルな図!
DSC_0127.jpg


首の無い像が多いです。
DSC_0190.jpg


蟹も魚もトカゲも。いろいろ描かれてます。
DSC_0176.jpg


木が遺跡を飲み込んでいるよう
DSC_0142.jpg


地平線に沈む夕陽は残念ながら見れず!一瞬顔を出してくれた貴重な1ショット。
DSC_0036.jpg


いかがでしたか?
載せたい写真は数あれど、シェムリアップの遺跡の圧倒感はなかなか写真では伝えきれません!
ぜひとも実際に来て見てもらいたい!
渋さと力強さに畏敬の念を感じずにいられないまちこでした。
DSC_0026.jpg

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。