FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖湖ケチュパリ湖まで運動不足解消に行くの巻

 27, 2013 10:14
旅行してるって言うと体力あるね~~なんて思われますが、いやいや、毎日家事したりお仕事したりの方が絶対体力要りますって!と思ふまちこです。
特にインドは物価の安さと長いビザ期限が手伝って、特に観光せずにの~んびりな日が多く、もはやクライマーと称すのも、ちと恥ずかしくなる位のへたれっぷり。
の2人が気合入れて今回歩きます!!
ヨクサムの町から聖湖ケチュパリ湖へ~~GO!!


しかし、我々が知ってるのは車道のみで、全行程歩きは日帰りできず、
ガイドや地元民の知る近道コース(て言っても片道3,4時間はかかる)は初めての人には難しいらしい。

なので、まず本来はヨクサムからジョルタンに行く乗り合いジープ乗って、我々だけ「0ポイント」と呼ばれる地点で途中下車。1人50Rs。
前日に宿の人に話して手配してもらったら、ここ来る時と同じ運転手さん!
この人好きなので、かなり幸先の良いスタート。

0
さ〜〜行きますかの0ポイント


ここから延々登り道・・・


やまやまやま
行けども行けどもやまやまやま


滝とまちこ
途中、いくつもの滝に遭遇


かわとダイ
道に流れる小さな川はひらりとかわしてゆきませう



かわ
大きな川からのマイナスイオンに癒されませう


遠いダイ
が、行けども行けども、それらしき空気は漂ってこず・・・


知らない内に通り過ぎちゃったんじゃない疑惑が浮上したり、太もも裏が痛くなったりしつつもひたすら歩く。
そうして、0ポイントから歩くこと2時間半、10キロ、ようやく湖到着!
聞いた話じゃ1時間半だったような、恐るべしシッキム人の脚力。


湖は、、、、、おしゃべりしっぱなしのインド人観光客であふれかえって、全然ありがたさを感じるどころではなかった。
土足禁止なのに靴脱ぐとこからさらに2歩進んだ先に靴の数々。ちゃんとしてる人ももちろんいるけど。
インドだから仕方ないんだけどさ、聖地まで来てそれか〜っと。


全望
湖の様子。後にさらに高いとこまで登れば、綺麗な左の足型した湖を拝めることが判明。
チベット仏教の女神グリーンターラーの足跡なんだとか。
次回は神様が瞑想した洞窟とかにも行ってみたいなぁ。


マニ車
マニ車は時計回りに廻すべし。これはモンゴルで学習済。


タルチョ
敷地内にはたくさんのタルチョ。


お堂内
小さいお堂が。はー癒される。やはり自分は仏教徒だなーと思う。


一通り見て「SIKKIM-YA」へ。
この地へ嫁いできた日本人女性がお土産屋さんやってて、その方に会ってみたい!というのがこの小トレッキングの理由の1つ。
ちんまりとしたお店のフロントに飾られたチベタン雑貨・晴子さんの作った雑貨たちはどれも欲しくなるものばかりで、久々に物欲が湧いちゃいました。
聞けば日本人が来るのは2ヶ月ぶりで、世界一周の人が多いとのこと。
こんな奥まで来るのはやっぱ時間に余裕がある人だけらしい。
シッキム良いとこなんだからもっと来ればいいのになー。


ピアス
晴子さんのダンナさん作のピアス。輪廻をイメージさせるデザインにぐっ。


シッキム屋
ベンガル人(シッキムより南の民)は、こう群がるけど、買わないとか。


晴子さんとぼうや
色々楽しいお話をありがとうございました、晴子さーん!


帰りももちろん乗り合いジープは無いので、駐車場で新婚旅行風のカップルさんの車と交渉して、0ポイントまで乗せてもらうことに。
きっとお金持ちなんだろうと思われるお2人で気持ちよく乗せてくれて、ほっ。


そこからまた歩き。後ろから車来たらヒッチしようと思うも、ぜーんぜん車来ない。
ひーこら5キロくらい歩いて、野良犬にずっと吠えられ後つけられてかなり危険を感じたその時、ワゴン型タクシーに遭遇!良かったぁぁぁ!
で、無事に夕方ヨクサムに帰宅。
今日も停電(この町はよく停電する)ってことで水シャワー。火照った身体に気持ち良し〜。


この後のシッキムビール(8%と強め)とブータン料理とかわいい犬とヤク達もまた格別なり!
その話はまた書きたいと思いまーす。

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。