スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の心のふるさと、温泉で脱力 in Manali

 13, 2013 18:06
プロフィールに書くの忘れてました。
我々はとっても温泉が大好き♡
日本にいる時は、いろんな温泉地を軽ワゴンで巡ったもので、仕事先だった長野あたりもたーくさん温泉あって、大好きです。
タイのクラビでも温泉入ったんですが、それから5ヶ月、そろそろ身体をあっついお湯にゆだねたくなってた頃のこのマナリー(Manali)行き。
マナリーはひし形インドのちょうど北のあたりで、マチコ憧れの地であるラダック地方への玄関口。
ラダックへは10月中旬になると積雪で陸路入りができなくなるとの事で、今回南インド巡りは諦めて急遽東インドのプリーから怒濤の移動。
長距離移動で疲れた身体に温泉。いいねぇ〜。
まずデリーのメインバザールの旅行会社でマナリー行きのバスチケットを購入。
15時間の道のり、1人700Rs(1000円ちょい)。数カ所聞くと1500て言うとこもあれば1000て言うとこもあり。最安をいく我々。
デリーもさほど魅力あるような街じゃなかったので、プリーから33時間の列車移動で早朝着した同日夕方に出発。
時間になって旅行会社に行くと、ターミナルは別の場所ということで、リクシャーで移動。

ターミナル?
ターミナルというか、ただの団地に挟まれた道。
ほんとにバス来るのかと思ってたら、本当にやって来たVOLVOバス。
なんと、最安だったのに、だまされなかった・・・
あらあらゆとりのスペースにリクライニングもしっかり、お水サービスもありで超快適。


行列
デリー市内で男だらけのパレード。こちらに向かっての笑顔がはじけまくりで好印象でした♫



のーれいぷ
インド国内でもきちんと問題視されてるようです。


朝8時、マナリ着。
バスターミナルの客引き達を振切り、しばし歩いてニューマナリへ。
温泉のあるバシストに行く前に、ここでダイがとある旅行会社にラダック行きのジープの値段を聞きに行ってくれる。
かなり待って、にやけ顔のダイ。
聞くと、バシストまで車で送ってあげるからその前にチャイを飲んで行けと誘われてるらしい。

「まだここでチケット取るか分からないよ?」と言うと
「お金のことばかり考えてても商売はできない」と言われたんだとか。
すごい、それを分かってても行動するのは容易くないだろうに。

でもチャイ2杯を飲むのは私だけ。インドは睡眠薬詐欺多いので、万が一を考えて毒味。
その後、笑福亭鶴瓶似のソナム氏の車に乗せられバシストへ。ユーモアたっぷりな彼の表情と話が面白かったなー。
彼に連れられて行ったゲストハウスが温泉近くでWIFI付きで200Rs(300円)と激安だったので部屋見て即決。
してる間にソナム氏はすたこらとニューマナリに帰っていってて、お礼の一言も言えず・・・
私が全然眠くならないところをみると、本当にいい人だったんだな・・・
さらりとしたこなしに感動。やるなぁーーー!!


標高2000mのバシストは空が近く、乾いた風が心地よく、どこからともなく牛の鳴き声が聞こえ、野良犬の表情すら優しく見える、穏やか〜な素朴な場所。


温泉地の朝
朝、出っぱなしの温泉で洗濯・皿洗い。その奥は男専用のお風呂。



町並み
小さい村だから、あ、この人また会ったなていうことがよくある。



ジュース屋さん
マナリーはりんごの産地なもんで、フレッシュジュースが飲める。種も皮も丸ごとジューサーに!



いつもの商店
いつもいつもお買い物に行ってる商店でいつも笑顔のおじさん、ありがとう!
夜、お金を部屋に忘れてしまった時も「明日でいいよ!」て言ってくれたりも。
信頼してくれると、もっと好きになってしまうなぁ〜。



服やさん
お洋服屋さん・ストール屋さんだらけですが、安いのなんの。



まちこ犬
犬好きの心が躍る村。石畳がさながら大分の杖立温泉のよう。



ニルバーナ
ツーリスト向けの店が多い中で割と良心的な値段のこのお店。
ボスもノリノリな方で、マトンカレーが食べたいという我々の要望を見事翌日かなえてくれました。
オススメ!



温泉
ここが温泉の入り口。いや、正しくはお寺の中に温泉があるのです。
基本無料ですが、日中行くと靴預かりとして2Rsかかります。



湯船
中はもちろん男女別。湯船のまわりにずらりとフックがあるので、それにお洋服を引っ掛けときます。
なんとパンツ1丁でOK。
湯の花に混じってゴミとかもありますが、この気持ちよさに比べたらそんなことどーでもいい!!
だんだんいろんなことに慣れてきたので、ガンジスの沐浴もいけるかも。



蛇口
流れっぱなしのお湯。単純硫黄泉と思われます。
みなさん石鹸・シャンプー持参であぐらをかいてごしごし。持参の手桶で流して、湯船へと。
洗濯してる人も多数。流し合いっこしてる人もいて、日本と変わらないんだなぁと。
しかし意外にナイスバディな、ぼん、きゅ、ぼんのみなさん。羨ましい!



サドゥー
聖地なので、温泉前にはまたお寺があり、サドゥーの修行の場となってます。
たまに西洋人のお姉さんも瞑想してたりします。そう、ここはいかにもインド好きそうな旅行者がたーくさん。



雪山
3日目、朝起きると山が雪冠り。キレーイ!
が!この雪の影響でラダック行きのバスが延期になった昨日。。。
今日もどん曇りなお天気、果たして出発できるのかなーー?
まぁ、とりあえず今日も温泉につかっときますか!!
スポンサーサイト

COMMENT - 2

wahei  2017, 03. 23 [Thu] 00:19

ゲストハウス

こんにちは。夏に北インドに行く予定で、マナリのゲストハウスを探しています。安いゲストハウスがあると書いていたのですが、なんという名前かわかりますか?ちなみにダブルルームの値段がわかれば教えていただきたいです^^

Edit | Reply | 

-  2017, 05. 13 [Sat] 22:53

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。