FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐禅してみるとす

 20, 2012 23:43
どうも!
ブログの記事だいぶ書いてる途中で変なキー押してパーにしちゃうこと2回。
ちょっとへこんでます、まちこです。
あの時間はタイピング練習だったと思おう、うん・・・

「心を落ち着かせて論理的に考え、
心を平和に保つようにすれば不要な苦しみや悩みを味わうことはありません。
少なくとも、軽減したり、より簡単にコントロールすることはできます。
心の苦しみは自分自身で作り出したものなのです。」
―ダライ・ラマ14世の言葉

高校の時買った本を読み返してみました。
当時は全くと言っていいほど重みを感じなかったけど、今日はずっしりと・・・
負の感情におぼれた時は、そこから一歩離れて冷静にならなきゃいけないんですね。
こんな教えを日々心に持ち、平和への実践に励むチベット仏教徒に尊敬の念を感じずにはいられない。
あの辺りには来春くらいかな??う~ん、待ちきれない!

先日地元久留米は梅林寺で坐禅をさせていただきました。
ここは400年前から修行の場となっていたそうです。
入口
体験プログラムの一つで参加者は20人くらいいたんですが、7時間きちんと研修という形で厳かな空気の中で座りました。

今は15人ほど修行してらっしゃるとのこと。
聞けば、朝は3:30起床で自分の時間が持てるのは夜10時。
そこから自分の勉強があるわけで、睡眠時間は4時間弱。それが毎日365日続くというから驚き!
途中老師さんの法話があったんですが、隣の雲水さん(禅用語で修行僧のこと)はがっくんがっくん眠りこけてて、うわ怒られるっちゃなーーいっとハラハラしつつ見渡せば、なんとお堂にいる雲水さん一人残らず寝てるやん!!!!
老師さんもツッコミつつも、許してる感じでした。きっとこの準備とかで疲れてるんだろなー。
旅館バイトで修学旅行生の貸し切りなんてあると、大変だったもんな。

本当に彼らの生活の慎ましさには頭が下がる思い!
いつも食べているお昼ご飯を頂いたのですが、一汁一菜と五割麦ごはん。
この'一菜'はこの日、白菜のおひたしとお寺で漬けた白菜のお漬物と梅干がお屠蘇サイズの小さなお皿に盛られました。
まず自分が食べる前にお味噌汁に指をちょびっと浸してそれを机の上につけます。
その上にご飯を3~7粒ほどのせます。これは生飯といって、周りの妖精さんたちへの施しだそう。でももちろん減りはしないので、回収して庭に放って生き物たちの餌にするとのこと。
こんな作法があったなんて・・・
朝は天井が写るほどの薄さのお粥。なんと台所はかまど!!江戸時代!?っていうくらいに古めかしく、大小7つくらいのお釜が並んでました。
食器洗いは少ないお湯で指を使って。歯磨きは週に2回くらい。顔を洗うのは杓2杯分のみ。お風呂は浸かれず、桶2杯までのお湯でタオルでごしごし・・・・・

こんな世界があることにかなり衝撃。
まだまだ日本の仏教も知らないことだらけなんだなー。


ちなみに坐禅中は心の中で「ひとぉ~~つ。。。ふたぁ~~つ。。。」っと呼吸の数を数えるそう。
やはり人間そう「無」にはなれない、と仰ってました。
確かに、考えまい考えまいとするよりも集中する!

すごくすっきりして、帰っての夜ごはんも少なめで満足。
いかに自分は欲望だらけなんだろう。
部屋には物があふれかえって、旅立ち前の整理が思いやられる・・・

しかしダライ・ラマは言う
「物質的な発展は、幸福の一つの要因であり、幸せな人生に必要なのは心のあり方だ」と。




スポンサーサイト

COMMENT - 2

さちえ  2012, 10. 25 [Thu] 23:35

わたし、写経やりたい。
インドで寺籠もりしたーい!

Edit | Reply | 

こさもむ  2012, 10. 27 [Sat] 11:35

Re: タイトルなし

さっちんインドはまりそーやねー。
近くに京都があるってうらやましいわ。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。