スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーパストレッキングに挑戦の巻 〜4日目12/12〜「お昼抜きで歩く8時間」

 14, 2014 13:54
【ダクチュ8:30→峠の茶屋10:30(30分紅茶休憩)11:00→ラムジュラ峠12:35(着替え休憩15分)12:50→タクトキンザ13:50→ジュンベシ16:40】
天候:晴れ
朝食:ベジララ、コーラ
昼食:なし
夕食:ダルバート

〜この日の行程〜
ダクチュ村を出ると急登。ところどころ道が曖昧。分岐には目印あり。峠の茶屋を過ぎると緩やかな登りのトラバース。ストゥーパを過ぎると少し急になり、ラムジュラ峠へ。風の通り道なので激寒(体感-5℃)トイレの水も厚い氷。ここを境に手袋必須となる。日陰。ここからダクトキンザまでは急な下り。ところどころガレ。その後緩やかにトラバースしながら下る。ゴンパを過ぎてからは、急登混じりの登り。登りきってからしばらくすると、ジュンベシの村が見える。村までは階段状の下り。
この頃の服装は、行動中はロンT、時々フリース。半袖不可。日陰は手袋。
峠の茶屋のお姉さん、英語上手だったな〜〜。
131212_140237.jpg



ラムジュラ峠の犬。「なんかくれ」とばかりにしっぽ振ってた。寒かったから思いっきりなでで毛のぬくもりを感じる。
131212_160036.jpg



ストゥーパとマニ石に安全を祈りつつ歩く。
131212_183211.jpg



途中休憩。ザックもお疲れ!!
131212_183245.jpg



ようやくジュンベシ。膝がツラい・・・
131213_123644.jpg



〜まちこ日記〜
歩きっぱなしの一日であった。そして一大ショッキングニュースとして、経口補水液が激マズ!点滴か?うう、やはりカトマンズでテストしとくべきだった。しっかしお昼抜きで歩くとこうも夕方シャリバテてダメになるとはね。周りのネパーリー達の足の軽さが羨ましいっす。私も荷物降ろせばちゃっちゃか動けるんだけど。
2人とも疲労が溜まってて良くないのは分かってるけど、先に進むのみ!朝は6時くらいにならないと暗くって起きれないことが判明。出発時間は7:30が望ましい。
明日はまだ明るいうちに着くといいな~。


【L.B.Lodge】200Rs
2ベッド 窓辺物置有り トイレ室内 電気あり コンセント有り 布団あり
お姉ちゃんがかわいくて仕事・英語ができる。外見からは分からない内装の綺麗さ清潔さ。
ミルクティー50 紅茶30 コーラ120 ダルバート250 boiled water 1L 40
シャワー 200


お宿
131213_114846.jpg



立派なチベタン様式のお宿で、キッチンの美しさには感動すら覚える。
131212_222217.jpg



もちろん今日もダルバート!
131212_222412.jpg



スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。