FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーパストレッキングに挑戦の巻 〜8日目 12/16〜「ようやくルクラに近づく!」

 18, 2014 13:29
【ブプサ8:40→カレ峠11:45→パイヤ13:40(35分昼食休憩)14:15→チュトクラから少し下りた宿16:20】
天候:晴れ
朝食:ベジマカロニ・昆布茶・はちみつ紅茶
昼食:ココナッツビスケットとロータスのカシスジャム
夕食:ダルバート

〜この日の行程〜
ブプサを出ると石段まじりの緩やかな登り。1つ目の橋を過ぎるとカリ峠までキツい登り。峠を過ぎると山陰に入り、ぬかるみも凍りつくほどの寒さとなる。その寒さの中延々アップダウン。鉄骨の橋を渡りしばらく登るとパイヤ村。村は道に沿って続き、ロッジが点在。チュトクラまでは一旦かなり下り、緩やかな道が続いた後最後に一気に高度を上げる。峠には特に目印もなく、地元の人に峠の事を聞いても通じにくい。そこから100mほど下った一軒宿のロッジを本日の寝床とする。


零下の気温の朝方、民家を訪ねて歩くお肉屋歩荷に遭遇!!カゴに直入れ。
ヤクかな〜?買って食べたいけど火がないとな〜。
131216_121317.jpg


暑くなったら脱ぐ、寒くなったら着る。
体温調節をめんどくさがらずにやる事はとても大事。
131216_123252.jpg


こんな石まじりの道が一番歩きにくい
131216_152525.jpg


チュトクラに到着。まだまだ雪山は遥か彼方だけど、ルクラに近づいたことが嬉しい!
131216_184637.jpg


〜まちこ日記〜
ふぅぅ今日も8時間も歩いてしまった。。。
初日、2日目よりは断然足慣れしているものの、後半は太もも前側が痛くて下るのがツラい。
ダイも今日はスキンズ(というスポーツ用スパッツ)履いてたから少しはマシだったらしい。
だんだんとヒマラヤに近づいてきた感じ。意外なのが、すれ違うトレッカーはほとんどネパール人てこと。カップルだったり(地元民デート中?)グループだったり。彼等はとにかく足が速い。
今のところ東洋人は0、西洋人は両手で足りるくらい。
あと、物資の運び役のロバ隊とここ3日良くすれ違う。人間の言う事を聞いて働かざるをえない彼等の運命とそのしょぼくれ顔にかわいそうな気持ちになるけど、仕方ない。

昨日会った老夫婦のガイドさんは「チョラパス(ゴーキョから東側へ抜ける時に通る峠)通れないよ〜」って言ってるけど、宿の人は「行ける」と。いったいどっちが正しいの?
せっかくクランポンレンタルしてるんだから使いたいよね〜〜。


【KHUMBU VIEW LODGE】 150Rs
2ベッド トイレ内 窓辺物置あり 電気有り プラグ無し 洗濯の流し台あり 干場なし 食堂にストーブあり テラスあり
ダルバート300 ホットレモン50 紅茶40 フライドポテト200 ポテトケーキ200 Boiling water 1L 20

お宿
131217_113652.jpg


131217_113701.jpg


部屋の中。お客は我々だけにも関わらず食堂のストーブつけてくれる優しいお宿でした。
131216_204642.jpg


ダルバートにつけてくれたお漬け物。酸っぱ辛くてめちゃ美味。
我々の食後、家族4人でストーブ囲んでダルバート食べつつげらげら笑ってた一家団欒の姿が、すごく幸せに見えたのが今も忘れられない。
131216_211019.jpg


朝食のポテトケーキは薄くてねっとり系で美味しいけど、イマイチお腹にたまらず・・・なので持参のバターとはちみつをがんがんつける。もはやカロリーは摂り過ぎる事は無い!
131217_100313.jpg
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。