スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリーパストレッキングに挑戦の巻 ~20日目12/28「エベレストに一番近づいた日」

 09, 2014 21:11
【ゴラクシェプの宿9:30→エベレストB.C13:10→宿14:45(25分休憩)15:10→カラパタール頂上付近16:45(15分写真など)17:00→宿17:45】
連泊2日目!

天候:晴れ時々曇り&強風の砂嵐
朝食:フライドスパゲティwithチーズ・フライドライスwithチーズ・ホットオレンジ
昼食:抜き
夕食:ヤクステーキwithチップス&ベジ

~ベースキャンプまで~
宿を出て氷河のわきを細かいアップダウンを繰り返しながら北へ進む。途中何度か尾根上のところを歩くので、強風時は吹き飛ばされそうになる。
東側にエベレストが見えてさらに歩き、氷河の色が青く変わり、ウエスタンクームがはっきり見えだしたあたりで尾根から右へ氷河に向かってトラバースしながら下る。
そこから氷河上のモレーンにあるケルンを頼りに東側の青い氷河の境目まで行くと、大きなケルンとチョルテンがあり、ツーリストがはいれるB.Cはここまで。
モレーンから先はルートが分かりにくく、足場ももろい。

エベレストB.Cへの道
131228_140105.jpg


遠近感が揺らぐ〜〜
131228_162146_20140217203952b41.jpg


B.C周辺は氷河なので、砂の下はつるっつるの氷。足下気をつけて!!
131228_162227.jpg


B.C到着!25日間で唯一の2ショット写真が最高の1枚で嬉しい!
131228_161253.jpg


~カラパタールまで~
宿からグラウンドを横切り、急登。しばらくすると傾斜は緩くなり、歩きやすい道が続く。
左にピラミッド状のピークを見ながら奥へ進む。台地状の歩きやすい道を過ぎると、遠くにカラパタールのピークが見え、傾斜もきつくなる。ケルンの間を縫うように登り、ひたすら進むとピークに出る。
ピークが見えてからが長い。
下りは緩い傾斜が多いせいか、小走りで下れる程度。サンセットの後でも心配はいらない。

131228_195511.jpg


131228_200225.jpg


131228_200501.jpg


131228_202609.jpg


131228_203135.jpg


この日は体調悪い中、多分行かなきゃ後悔するって一心で登ってたんだけど、この景色が見れて良かった!
しかも他にはだーれもいなくて独占。スケールが大きすぎて写真に撮りきれなかった。
エベレストはその高さからいっっつも雲かかってるみたいなんだけど、この日は運良くてっぺんまで見えてラッキー!
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。