FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガニスタンに行くとす! 〜半袖禁止の街〜

 12, 2014 18:24
異国に来た・・・・。
第一印象はまさにこの一言に尽きる!!
最近旧ソ連圏の中央アジアが続いてて、人の服装も街の雰囲気もそう変わり映えがしなかったんだけど、ここはガラッと雰囲気が変わった。
あ〜〜この胸が高揚する感じ、初めて海外旅行でタイ行った時と一緒だな〜〜。
とりあえず、まだ様子見でカメラなしで歩くとします。

マザリシャリフの街はブルーモスクを中心として、周りにバザールや商店が連なってる。
人のにぎわってる様子を見てると男性はだぼっとしたクルタパジャマが主流で、その上のベスト率も高い。たまに若い青年がジーパンにTシャツという出で立ち。
女性は90%くらいの人が薄群青色のブルカをすっぽり被って、まさに全身を包んで歩いている。
いくつぐらいなのかさっぱり。
たまに見かけるブルカ以外の人はこれまた20歳前後の若いお姉さんで、コートみたいな服にパンツとスカーフでキメててとってもお洒落さん。(イスラムでは女性は身体のラインを隠す服が良しとされる)
お顔をあらわにしているのを見るとめっちゃ可愛く見えるのは、周りの人のブルカ効果か。
いやいや、実際にこの辺の人は目鼻立ち整っていて美しい。女性は女性同士で歩いている人や子供連れがほとんど。
男女比は8:2くらいかなぁ〜。10歳未満の男の子でもせっせと何か働いてるのはよく見るけど、やはり働いている女の人はいない。下着屋さんも男性。服の仕立て屋も男性。

西回りの我々にとってはここが今までで一番イスラム色の濃い地域だな〜。マレーシアみたいにアザーンは全然聞こえないけど、彼等の服装に伝統をびしびし感じる。でもタリバンの要素や危険は感じない。
ただ、やたらと男たちの視線が突き刺さる。周りの人ほぼ全員。もうホントこれ、インドの比じゃなく
じぃぃぃぃぃぃぃーーーーーって見てくる。
結構精神的にしんどい。
う〜〜ん・・・・と思っておりました。

そして2日目。なんとダイ体調不良!
致し方ないな、っと今日はサングラスかけて1キロ程離れたスーパーに1人で行く事に。
昨日行ったとこだから、道に迷うことはないやろ。
が!!サングラスかけてても、この色眼鏡越しに突き刺さる男たちの視線は昨日以上!!
ニタニタ好奇の目で見てくる。
くぁーーーめんどくさい!!!
遥か15m先の人まで私を見ては通り過ぎるまで視線外さない。
さらにたむろしてる男たちはぴゅーぴゅー口笛を吹いておる。もちろん私に向かって。

硬い顔を維持したままトルコ系のスーパーに入って一息、ふーーー。
ここはほぼ何でも揃ってて店員さんも教養のある感じで親切で英語できて、安心出来るスーパーなのです。
すると、昨日対応してくれた兄さん
「今日は男の人はどうしたんだい?1人で歩いてきた?お金出してでもガイドつけないと危ないよ。僕で良ければガイドになるよ!」という申し出。
そうか、しっかり者の兄さんからの助言とは言え、やっぱ1人はまずいんだな・・・・
「ありがとう!でも超早歩きでホテルまで帰るから大丈夫。」とスーパーを後に。

そして帰り道、暑さに我慢出来ず、昨日飲んだチェリージュース屋台で一杯やってたら、10人くらいの男がわらわらと寄ってきて、腕に巻いてるお数珠をこの店員にあげろとか、そのお釣りでジュース買ってくれとか言ってくる。ダイといる時はこんな事なかったのになーー。
するとその内の1人が
「君の頭の布は良い。でもその服の半袖はダメだ!」
といきなり注意。
確かに女性の半袖は今まで一度たりとも見てないけど、そうなんや!
スカーフと同じくらい重要だなんて、知らなかった・・・!!!!
急に恥ずかしくなり、走って帰りたい程でした。
多分、人々のニヤニヤも口笛もこの半袖が原因に違いない。銀座の街を水着姿で歩いているようなもんでせう。
なぜにそれに気づかなかった私!ば〜か〜〜〜!!!

ホテル戻ってスタッフに聞くと、「半袖?女の人はこのエリアではダメだよ」という返事。
もっと早く教えて下さい(笑)
行き帰りたった40分歩いただけなのに、もう3時間くらい歩いたかの様な疲労感。緊張の糸が緩む〜〜。
ダイの体調は良くなってなく、のんびりごろごろ。

そして夕方、グルジア・アルメニア・キルギスで一緒になり、一足先にアフガン入りしてカブール、バーミヤンまで行っちゃったDさんと再会!!世界全ヶ国を目標にしてるDさんは残すは3カ国になったらしい。ひえー!
やはりカブールの方がアーミーさんが沢山いて物騒という事でした。

一緒に食堂で夜ご飯食べに行く事に。
今回は長袖着用!!どうだ!?と意気込み外に出ると、殿方2人もいて暗くなってるからか、視線薄い、口笛なし!おお、ようやくこれで落ち着いて歩ける。。。
ご飯は羊と玉葱の煮込み・オクラの煮込みとパン。オクラなんて、トルコ以来2ヶ月ぶり。染みる。
店長らしき人も周りも良い雰囲気だったので、ここで入国後初めてカメラを人に向けることに成功!
服問題が解決したことでようやく堂々と出来るようになったのでした〜。
そして後日、同じチェリージュース屋台で長袖になった私を見て例のおじさんがニヤリと頷く。よしよしっと。

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。